安部慎一郎

高校時代よりエレクトリックベースをはじめ、大学時代は黒人音楽、Funk、R&Bに傾倒する。大学卒業後、友人からプレゼントされたArt Blakey & The Jazz MessengersのアルバムBuhainaの「Along Came Betty」を聴き衝撃をうける。その後、Miles DavisのMode Jazzを聴き、それまで退屈としか思えなかったJazzにすっかりはまる。東京在住時よりWood Bassに転向し、Standard Jazzを中心に演奏活動を行う。Wood Bassを山崎弘一、神田芳郎の両氏に師事。現在、大阪、奈良、神戸のライブハウス、レストラン、café等で演奏活動を行っている。